新着情報
  • 油絵の展示会に行ってきました2017年11月06日更新

    グランメールで8月24日に開催した油絵教室で描いた絵が
    11月3日、4日、5日に「ギャラリー悠」で開催された
    グループ展「クリエイト2017」に展示されました。
     
    それぞれおうちの方が用意してくれた立派な額に納められ、飾られていました。
    彩り豊かな絵がさらに際立ちますね。
    展示会3
     
    油絵を教えてくださった江春先生と奥様です。
    展示会2
     
    子ども達の才能と芸術に触れることができた秋となりました。

  • 幼児教室だより 2017年度11月号2017年11月01日更新

    grand-mereの事業の一つである乳幼児親子教室(幼児教室)では、
    毎月「幼児教室だより」を保護者の方々に配布しています。
    2017年度11月号は、「子どもが子どもでいる時間」がテーマです。

    「子どもが子どもでいる時間」

    世の中は、スマホやパソコンが主流になっていて、文字を書く機会が少なくなりました。2017.11-4
     
    いざ、文章を書こうと思っても漢字がなかなか出てきません。
     
    そこで、開くのは、やっぱり携帯電話の辞書。
     
    いろいろなことが便利になって、お金さえ出せば何でも手に入る時代です。
     
    情報もスピーディに手に入ります。
     
    そんな時代の中で、最近感じることがあります。
     
    「○○したら、△△買ってくれる?」「じゃあ、●●出来たら、いいよ。」
     
    子どもが、何か手伝いや勉強をするための交換条件のやり取りです。
     
    手伝いは、家族が助け合って暮らすための社会ルールです。
     
    勉強は、自分が将来の目的に向かっての生きる糧です。
     
    決して、親や大人のためにする事ではありません。
     
    小さいころは、アメ玉一つで「うん」と喜んでくれるでしょう。
     
    でもね、それが日々の生活の中で繰り返されると、際限のないものになっていくものです。
     
    なぜ、お手伝いをするのでしょう?
     
    「誰かの役に立っていると感じることが嬉しいから」
     
    なぜ勉強をするのでしょう?
     
    「分からなかったことや出来なかったことが出来るようになった喜びを感じるため」ではないのかな・・・?
     
    そして、欲しいものは、自分で努力して手に入れるものだと思います。     
     
    子どもは、いてくれるだけで周りを幸せにしてくれます。
     
    でもね、お母さんも同じ。
     
    一緒にいてくれるだけで、子どもは幸せなはずです。
     
    小さいころから「ゲーム」という強い刺激を与えなければ・・・。
     
    子どもが子どもの時間は、限られています。
     
    どうか、子どもと一緒に自然に触れたり、歌をうたったり、家族のための食事やお洗濯をする時間を作ってください。
     
    会話が国語力を高めます。自然が算数や理科の教材です。公園遊びが体育です。
     
    ぜ~んぶ、大きくなってからの学習につながっているのです。
     
    どうか、お子さんと一緒に学ぶことを楽しんでください。
     

    文責 佐藤弘美


    乳幼児親子教室(幼児教室): 乳幼児の子どもを対象に親子での遊びやグループ活動を通して、子ども同士のかかわりや保護者同士のつながりを大切にしていくサポートをしています。金曜日10:00~11:45に行っております。

    見学等のお問い合せは、お電話もしくはお問い合せフォームよりお気軽にお問い合せください。

    お電話 046-240-6232 / お問い合せはこちら

  • お茶会を開催しました!2017年10月30日更新

    9月30日土曜日にお茶会を開催しました!
    小学校1年生から高校3年生までの子ども達とおうちの方、合計23名が参加してくれました。
     
    まずは先生にお手前の仕方を教えて頂きます。
    お茶会1
     
    懐紙を持って、和菓子をとっていきます。
    和菓子についている金粉に興味を持つ子や、想像以上の甘さに驚く子もいました。
    和菓子を食べた後は、自分でお茶を点てます。
    自分より先に点てる人の様子を、真剣に見ている姿も見られました。
    お茶会2
     
    最後に自分で点てたお茶を頂きます。
    「にが~い!」「美味しい!」など、みんなそれぞれの感想を述べながら抹茶の味を楽しみました。
    お茶会3
     
    今年初めておこなったお茶会ですが、
    日本の文化や礼儀に触れるいい機会になったら嬉しいです。

  • 幼児教室だより 2017年度10月号2017年10月01日更新

    grand-mereの事業の一つである乳幼児親子教室(幼児教室)では、
    毎月「幼児教室だより」を保護者の方々に配布しています。
    2017年度10月号は、「子どもが安心できる場所」と「言葉は、ゆっくり、ゆっくり」がテーマです。

    「子どもが安心できる場所」

    この季節になると毎年の事ながら「幼稚園」「保育園」への準備が始まります。2017.10
     

    子どもにとって保護者と離れて初めての「集団」であり、「社会への第一歩」でもあります。
     
    今まではほとんどの時間、保護者と一緒。どんなふうに過ごしているか目の前で見ることが出来ました。
     
    (見えない方が良いこともあったかな・・・笑)
     
    「見ている」ことが出来ることは、そこに「安心」があります。
     
    なぜなら、子どもの表情や行動がタイムリーに楽しかったり、つまらなかったりする気持ちを
     
    知らせてくれるからです。
     
    ところが集団に入ってしまうと、子どもの姿を時々しか見ることが出来ません。子どもは、正直です。
     
    自分にとって不都合や不快なことがあると、家でぐずったり、ひどく甘えてきたりすることがあります。
     
    その時に、おとなは、たくさんの想像力を働かせ子どもの気持ちを推測してほしいのです。
     
    今までは、不安やわからないことがあると、たいてい誰かがそばで子どもたちを助けてくれました。
     
    でも、集団に入ってからは、自分で解決しなければならないことが、多くあり、
     
    子どもたちは「緊張」と「不安」で疲れ切ってしまいます。
     
    保護者には、先生やいろいろなところから情報がはいるでしょう。
     
    でも、忘れないでください。
     
    子どもたちは、いつも一生懸命です。
     
    おうちでは、ぜひ、たくさんたくさん甘えさせてくださいね。

     

    「言葉は、ゆっくり、ゆっくり」

    子育て中は、子どもたちとの時間がいつも楽しい時間ではなかったように思います。2017.10-2
     
    お母さんは神様ではないので、体調が悪かったり、疲れていたりすることもあります。
     
    そんな時は、ゆっくり子どもたちに話してみてください。
     
    「おかあさんね、頭が痛いの。やさしくしてね。」と。
     
    はじめは、伝わらないかもしれません。
     
    でも、あきらめず、ゆっくり伝えると子どもたちは、彼らなりに気づいてくれます。
     
    ここで、大切なこと。
     
    「○○ちゃんが、やさしくしてくれるから、嬉しいな。ありがとう。」とここでも、言葉で伝えてほしいのです。
     
    「ことば」はたくさん聞いて、その意味がわかって、はじめて伝わるものです。
     
    私たちが「外国語」を学んだ時のことを思い出してください。
     
    今、子どもたちは、その時と同じです。
     
    ゆっくり、わかりやすく、その意味が伝わりやすい環境を作って繰り返し伝えていきましょうね。
     
    子どもたちは、たくさんの人に優しくしてもらって「やさしい」の意味を知るような気がします。
     

    文責 佐藤弘美


    乳幼児親子教室(幼児教室): 乳幼児の子どもを対象に親子での遊びやグループ活動を通して、子ども同士のかかわりや保護者同士のつながりを大切にしていくサポートをしています。金曜日10:00~11:45に行っております。

    見学等のお問い合せは、お電話もしくはお問い合せフォームよりお気軽にお問い合せください。

    お電話 046-240-6232 / お問い合せはこちら

  • ヨガ教室を開催しました!2017年09月24日更新

    グランメールでは毎年夏休みにいくつかのイベントを行います。
     
    8月24日木曜日にはヨガ教室を開催しました!
    4才から14才まで7名の子ども達が参加してくれました。
     
    グランメールにはヨガの先生がいます。今日はそのヨガの先生にヨガを教えてもらいました。
     
    まずは背筋を伸ばしてあぐらをかいて瞑想をします。
    皆、呼吸に意識を向けられていてすごい集中力でした!!
    IMG_1440-1
     
    次は、お母さん達と背中を合わせてぎったんばっこん。
    お母さん達の方が必死でしたが、皆楽しそうに取り組んでいました。
    足の裏を合わせて船のポーズもとりました。
    最後は、皆で手をつなぐ花のポーズ。皆で足を上げて、成功し達成感を味わえました!
    ヨガ2
     
    ハトのポーズは、胸を大きく開いてハトになりきって。
    ピラミッドのポーズは、足を大きく開いて股の間から天井を見上げるように。
    世界が逆さに見えて楽しいポーズでした!
    木のポーズは、1本の大きな木になりきってどっしりと立つという事を行いました。
    皆上手くバランスをとれていましたね。
    ヨガ3
     
    1時間ヨガをしてみてどうでしたか?体が少しスッキリしたかな?
     
    ぜひご自宅でも親子でヨガをやってみてくださいね。

  • 油絵教室を開催しました!2017年09月24日更新

    グランメールでは毎年夏休みにいくつかのイベントを行います。
     
    8月24日木曜日には油絵教室を開催しました!
    5才から14才まで合計13名の子ども達が参加して、油絵を描きました。
     
    油絵の先生、江春先生に油絵の描き方について教えていただきました。
    DSCN4063-2
     
    皆で野菜をぐるっと囲んで、まずはじっと見つめてみます。いろいろな色や形があるね。
    「油絵では、2つの油を使います。」先生が教えてくれました。
    1つは絵の具を溶かす油。
    もう1つは筆を洗う油。
    「何このにおい」「つーんとした匂いがする」と最初は戸惑っていた子ども達も
    描き始めると、どんどん夢中になっていきました。皆、真剣な表情。
    作成1-1 作成2-1 
     
    作成3-1  
     
    皆、彩り豊かな個性あふれる絵が出来上がりました。
    完成1-1 完成2-1  
     
    一部の絵は、平成29年11月3日、4日、5日に「ギャラリー悠」で開催される
    グループ展「クリエイト2017」に展示されます。
    「ギャラリー悠」は小田急線本厚木駅南口から徒歩5分、画材店「KSアート」の隣です。
    ぜひご覧になってください。
     
    また来年の油絵教室も楽しみにしています!

  • 陶芸教室を開催しました!2017年09月22日更新

    グランメールでは毎年夏休みにいくつかのイベントを行います。
     
    8月22日火曜日には陶芸教室を開催しました!
    年中から高校2年生まで合計24名の子ども達が参加してくれました。
     
    陶芸の先生に作り方を説明して頂いた後、さっそくコネコネ…。
    作る物を事前に考えてきた子もいれば、粘土を前に神が降臨してくるのを待つ子も。笑
    何になるのかそばで見守るスタッフも楽しんでいます。
    IMG_1571-2
     
    作成中1 作成中2
     
    思い思いの作品が出来上がりました!
    完成1-2 完成2-1
         
    あとは先生が焼いて色付けしてくださって11月ごろ完成品がグランメールに届く予定です。
    どんな焼き上がりになるのか待ち遠しいですね。

  • 木工教室を開催しました!2017年09月21日更新

    グランメールでは毎年夏休みにいくつかのイベントを行います。
     
    8月21日月曜日には木工教室を開催しました!
    4才から高校1年生まで合計22名の子ども達が参加して、
    おしゃれなプランター作りにチャレンジしました。
     
    まずは大工の先生に作り方を説明して頂きます。
    グランメールではプロの大工さんに先生をお願いしています。本格的です!
    DSCF2532-1_Fotor
     
    おうちの方やスタッフに手伝ってもらって、トンカチでトントントン・・・。
    みんな上手にできました!(大工さんはトンカチを「げんのう」って呼んでいたよ!!)
    組み立てたらやすりがけもします。なめらかになったかな?
    とんかち やすり

     
    みんな、個性あふれる絵を描いてオリジナルプランターの完成!
    完成3 完成4 完成5
     
    みんなのプランターにはどんなお花が咲くのかな?

    また来年の木工教室も楽しみです!

  • デイキャンプを開催しました!2017年09月04日更新

    グランメールでは毎年夏休みにいくつかのイベントを行います。
     
    8月4日金曜日にはデイキャンプを開催しました!
     
    15名の中高生と卒業生・スタッフ・ボランティアの方をあわせて総勢36名で、
    清川リバーランドでBBQをしてきました。
     
    朝8時40分に海老名駅に集合します。
    自分たちで切符を買って電車とバスを乗り継いで行きます。
    1)切符とバス電車1:1
     
    着いたらさっそくBBQの準備です。グランメールでは調理の療育もあるので、みんな手際がいいです。
    2)切る 3)調理 
     
    焼き肉、焼きそば、焼きおにぎりなど色々食べました!美味しかったね。
    4)食べる  
     
    食後はニジマスのつかみ取り!みんなびしょびしょになりながらなんとかゲット!
    最後はお約束の水遊びに。スタッフもびしょびしょです。
    5)マスづかみ 6)水遊び 7)マス食べる 
     
    スイカ割りもしましたよ。
    7)スイカ割り
     
    帰りは貸し切りバスで海老名に戻りました。
    みんなお疲れ様でした!
    また来年のデイキャンプで楽しみましょう!!

  • 幼児教室だより 2017年度9月号2017年09月01日更新

    grand-mereの事業の一つである乳幼児親子教室(幼児教室)では、
    毎月「幼児教室だより」を保護者の方々に配布しています。
    2017年度9月号は、「実りの秋」と「幼稚園選び」がテーマです。

    「実りの秋」

    9月になって、子どもたちの笑顔にまた会えました。2017.9-1
     
    1か月半ぶりの子どもたちは、夏休み前に比べてびっくりするくらい成長していました。
     
    「実りの秋」ですね。
     
    夏休みに入る前あたりから、少しずつ友だちを意識する姿が見られていたのですが、
     
    今回の教室では、子どもたちがお互いの存在や遊びを認めつつ、自発的に遊びを展開しているのには、
     
    本当に驚きました。
     
    それと同時にそれぞれの興味関心の持ち方の違いもはっきりしてきたように思います。
     
    顔や背丈が違うように、子どもたちの性格や興味の持ち方は違います。
     
    今、目の前で行われていることに興味がなければ、その場にいることが難しいのは、当たり前のことです。
     
    まだ、その子にとって「その時期」ではないのです。
     
    ただ、その「時期」がいつ来るかは、わからないから、練習を繰り返します。
     
    その子が理解し、「何を」「どうする」が分かったときは、子どもたちが、自分自身で決めて
     
    行動に移してくれると信じて待つことにしています。
     
    ですから、子どもたちが、こちらがしてほしいことをやらないのではなく、
     
    おとなが「やってほしいことを試させてもらっている。」と私は思っています。
     
    これからも、子どもたちの素敵をたくさん、見せてもらえることを楽しみにしています。
     

    「幼稚園選び」

    毎年この季節になると、「うちの子は、どんな幼稚園がいいでしょうか?」とよく聞かれます。2017.9-2
     
    私は、幼稚園選びに失敗した経験があります。しかも、3番目の子で。
     
    上の子は、体が弱かったので、大きな病院の敷地内にある幼稚園に2年保育で入れました。
     
    2番目の子は、「長男が出る、入る」の流れで3年保育に。
     
    3番目の子は、2番目と5歳違ったので、上と違う幼稚園に入れてみることにしました。
     
    おさるみたいな次男。きっと山の中の幼稚園で楽しく過ごすと思っていたのに、
     
    なぜか週の中(水曜日、木曜日)になると熱を出すのです。
     
    甘ったれの末息子には、その幼稚園は、ハードルが高かったのかもしれません。
     
    (行事が多かったため)悩んだ末、年中になるとき、上の子どもたちと同じ幼稚園に入れ直しました。
     
    それでも、半年近く門のところで、泣くためしばらく傍について泣き止むのを待っていました。
     
    子どもは、それぞれ。
     
    さっぱり、きっぱり親から離れていく子もあれば、いつまでもそばにいたがる子もいます。
     
    あれから、20年近く経ちますが、「もっとゆっくり子育てを楽しめば良かったな。」と大きくなった息子を
     
    眺めながら反省しきりの私がいます。
     

    文責 佐藤弘美


    乳幼児親子教室(幼児教室): 乳幼児の子どもを対象に親子での遊びやグループ活動を通して、子ども同士のかかわりや保護者同士のつながりを大切にしていくサポートをしています。金曜日10:00~11:45に行っております。

    見学等のお問い合せは、お電話もしくはお問い合せフォームよりお気軽にお問い合せください。

    お電話 046-240-6232 / お問い合せはこちら